収入と所得はほとんど同じ意味のように思えますが、法律上では区別されています。 収入から経費を引いたものが所得になります。
所得税は、所得の種類によって異なり、全部で 10 種類あります。 それぞれ課税方法、税率等が異なります。
住民税の納税方法には、普通徴収と特別徴収とがあります。 確定申告時に住民税の普通徴収を選択すると、副業で増加した住民税の請求が会社に行かなくなります。